クリママ!〜CreativeMama〜

日々をおもしろおかしくするためのものづくりを紹介していきます。

さてバレンタインデー今年も今年とてはるちゃんは友チョコを配るわけですがシャカシャカクッキーっていうのは名前の通りシャカシャカ音のなるクッキー。飴で窓を作ったクッキーを重ねて中に細かいトッピング素材を閉じ込めるのですね。で、この窓になる部分はパラチニットと ... 続きを読む
さてバレンタインデー
今年も今年とてはるちゃんは
友チョコを配るわけですが

シャカシャカクッキーっていうのは
名前の通りシャカシャカ音のなるクッキー。

飴で窓を作ったクッキーを重ねて
中に細かいトッピング素材を閉じ込めるのですね。


17

で、この窓になる部分は
パラチニットという飴素材を使うと
透明感のある仕上がりになるのですが
車で行ける距離にあった小さい製菓材料店で
「パラチニットありますか?」って聞いたら
「パラチ…え…?」と用語自体通じなかったので
あ、これ置いてないわと早々に退店して

「まあ飴玉で代用すればいいわけだ」と軽い気持ちで
スーパーの飴ちゃん売り場に行ったのですが
透明な飴ってあんまりなくて(ハッカは味的にダメ)
金平糖は白いのがけっこう入ってたから金平糖買ったんですね。

で、クッキーは普通に型抜きクッキーのレシピで作りまして、


IMG_20180213_172235


ちょっと生地を焼いて固めてから
砕いた金平糖を穴を空けた部分に乗せて
さらに焼きます。

IMG_20180213_165803

180℃で合計20分くらい焼くと…



IMG_20180213_172235

全然溶けてねぇエーーーーッッ!!


まったく溶ける気配ないんですわこれが

あまり熱しすぎるとクッキーのほうが焦げてしまうので
160℃に下げてさらに焼いてみるも溶けねぇーッ

いまさらながら調べてみると
砂糖と水飴でできているキャンディなどは溶けやすいけど
主成分がほとんど砂糖で水分もほぼ使われてない金平糖は
砂漠気候下でも溶けにくいそうです。うぎゃー!
ちなみに氷砂糖も同じらしい。保存食になるわけだわ…!

そこで金平糖をクッキーといっしょに焼くのは断念して
一度穴部分のクラッシュ金平糖を取り除き、
耐熱容器に入れてレンジで溶かしてみました。


IMG_20180213_173053

溶かした状態のコレを流し込むやり方でやってみます。

ずっとレンジ覗き込みながら様子見てたんですが
一瞬でべっこう飴の色になってしまいました。

でも固まった!でも透明度は低い!


IMG_20180213_174558

もうガラスのような窓は無理と悟ったので
家にあったペコちゃんのキャンディーを砕いて
残りの生地も焼きます。


IMG_20180213_174546


これはすぐに溶けました。はーそうなのか…。


IMG_20180213_175448


これも熱しすぎると泡立ってしまって

IMG_20180213_181724

ブクブクしてりゅううってなった時はあわてず
楊枝とかで泡をつぶしましょう。


IMG_20180213_175500



色の違うキャンディを混ぜることでグラデーションになります。

IMG_20180213_181112


トッピング素材を入れて、アイシングで接着します。


IMG_20180213_193436


動画撮ったんですけど
なんかガザガザいう音でシャカシャカ聞き取れなかった

01


やっぱり窓は透明がいいな〜
パラチニット取り寄せるかなんかして再挑戦したいです。